越谷と「くわい」

東武伊勢崎線と武蔵野線が交わる地点は、越谷市でも有数の遊べるスポット

東武伊勢崎線の新越谷駅、JR東日本武蔵野線の南越谷駅の両者は殆ど離れていないところにあり、乗り換えを行うことも可能です。市内を南北に走っている東武伊勢崎線と、東西に走っているJR武蔵野線が交わる地点であり、最も賑わいを見せるエリアとなっています。開発が進んでいるので大型の商業施設なども多く、特に目的がないという場合でも周辺を歩いてウィンドウショッピングするだけで楽しむことが可能です。

 

その為、市内で遊ぶスポットを探す場合は候補に挙がる可能性が高く、買い物をしたいという場合には最適なエリアとなっています。ダイエーが入っている越谷コミュニティプラザは駅の周辺を代表する6階建ての建物であり、ファッションやインテリアから食品といった日用品まで様々なものを買い求めることが可能です。

 

また、この建物は6階建てですが、ダイエーが入っているのは地下1階から3階であり、それとは別にサンシティと呼ばれている専門店街があります。メンズビジネスの品を扱っているタカキューや、100円ショップのキャンドゥ、家電量販店のヤマダ電機などの専門店が入っており、買い物を楽しむことが可能です。

 

他に駅の周辺で遊ぶことの出来るスポットとして、商業ビルのヴァリエ、楽園タウンなどがあります。ヴァリエには旭屋書店、キディランド、新星堂といった店が、楽園タウンにはB&D、ホビーステーションといった店が入っているので、様々な文化に触れて遊ぶことが可能です。


近視改善

悩みの近視を改善するお役立ちサイト!
www.kinnshi.info/


越谷と「くわい」

昔から「くわい」は越谷の特産品として、主に出羽地区や荻島地区で栽培されてきました。くわいはほろ苦い味と、火を通すとほっこりとした触感が楽しめ、煮物などに適した植物です。その形態から「体のわりに大きな芽が出る」ということで縁起がいいと、おせち料理や祝い事などにもよく使われています。くわいは水田で栽培されることから、越谷ではれんこんなどと一緒に栽培されているようです。また大きさも色々あり、大きなものは切って煮物に、少し小さいサイズのものはそのまま素揚げして、おつまみなどにしやすいようになっています。

 

越谷のくわいの生産量は、広島県福山市に次ぐ規模ですが、宅地開発などにより少しずつ減少傾向にあるのが現状です。しかし特産品として多くの人に知ってもらおうと、地元の人たちは努力しています。くわいをそのまま出荷するだけでなく、くわいを使ったさまざまな食品を作っているのです。たとえば「くわい饅頭」。小さめのくわいを砂糖で煮て、こしあんで包んだ和菓子で、栗まんじゅうのくわい版という感じでしょうか。また同じような「くわい大福」も販売されており、おみやげとしても人気です。また珍しいものでは「くわいビール」という越谷の地ビールもあります。麦芽やホップの他にくわいを原料に使用し、くわいの苦みがよく生かされています。

 

越谷では、今ある特産品をもっと発展させようと地元の人が奮起しています。越谷の特産品をたくさんの人に知ってもらおうと、努力を欠かさない姿は地域振興の重要な姿だといえるでしょう。


越谷デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/